Welcome GUEST
重要なお知らせ
健康・栄養フォーラムのドメイン名が変更になりました。

スクーターに乗るメッツ値について

前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/2/6 16:04
ゲスト 
スクーターに乗るメッツ値に関して質問です。
以前のメッツ表ではオートバイ、スクーターに乗るメッツ値は2.5でしたが、改定されたメッツ表では3.5になっています。
スクーターに乗るメッツ値が3.5は高いのではないかという印象がありますが、出典が変わったのですか?
投票数:0 平均点:0.00
返信する
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/2/8 16:21
khirota 
国立健康・栄養研究所の田中です。

現在のメッツ表(2011年版)からは、それぞれのメッツ値の根拠がわかるようになっています。
それによると、以下の3つの文献から、
それぞれ3つ(3.94、4.32、5.0)、2つ(2.39、3.19)、1つ(2.95)、合計6つの値を採用し、
それらの平均値として3.5としたそうです。
Kijima, A., M. Arimoto, et al. (2007). "Metabolic equivalents during scooter exercise." Journal of Physiological Anthropology and Applied Human Science 30(3): 495-499.
Edholm, O. G., J. G. Fletcher, et al. (1955). "The energy expenditure and food intake of individual men." British Journal of Nutrition 9: 286-300.
Passmore, R. and J. V. G. A. Durnin (1955). "Human energy expenditure." Physiological Reviews 35: 801-840.

そのうち、3つの値が採用されているKijima et al. (2007)をみると、
スクーターと言っても、いわゆる原付バイクではなく、
以下の会社のキックボード(キックスクーター)で運動した時の値となっていました。
http://www.micro-mobility.com/en/
速度は、それぞれ80、110、140m/分です。

それに対し、Edholm (1955)やPassmore (1955)は、原付バイクの運転時を扱っていま す。


2000年のメッツ表の値の根拠は不明ですが、
上記3つの論文の出版年や値から推測すると、
2000年版は、Edholm (1955)やPassmore (1955)あたりを参考にしたのかもしれません し、
運動生理学の専門家の推測値かもしれません。

それに対し、2011年版は、先に述べたように、
Edholm (1955)やPassmore (1955)、およびKijima (2007)の平均値をとりましたが、
Kijima et al. (2007)は、原付バイクではなくキックボード(キックスクーター) なので、
「誤解に基づく(間違った)値」と言えそうです。


ご指摘を受けて、メッツ表の作成者に連絡してみます。

投票数:1 平均点:10.00
返信する

このトピックに投稿する

題名
ゲスト名   :
投稿本文

  条件検索へ


検索
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失